発錆限界値

コンクリート中の塩化物イオン含有量がこれ以上になると鉄筋がさびる可能性があるという限界値。
コンクリートの種類や環境条件などによって異なるが,鉄筋表面でコンクリート1m3あたり1.2~2.5kg程度とされる。
腐食発生限界塩化物イオン濃度ともいう。


2012年12月15日
カテゴリー: 劣化のメカニズム 

お問い合わせ