連続繊維シート接着工法

連続繊維シート接着工法とは、含浸接着樹脂により炭素繊維シートやアラミド繊維シートを既設コンクリート部材の下面や側面に接着すると同時に、含浸接着樹脂により繊維間を結合して、FRPを形成し、鉄筋量を増加させたことと同様の効果を得る工法である。

他にコンクリート片の剥落対策に適用可能なビニロンシートを用いた接着工法もある。

連続繊維シート接着工法の特徴

十分に樹脂を含浸した連続繊維シートの引張特性は、鋼板や鉄筋に比べ6倍~10倍の強度があり、目的に応じた高い補強効果が得られる。

比重が鉄の1/4~1/5と軽量である。

さらに錆の発生がなく、耐食性に優れるため、海洋環境などのコンクリート構造物の補強にも適用できるなどの特徴がある。

設置状況

連続繊維シート貼付状況
連続繊維シート貼付状況
エポキシ樹脂上塗り状況
エポキシ樹脂上塗り状況
連続繊維シート施工完了
連続繊維シート施工完了
炭素繊維シート貼付完了
炭素繊維シート貼付完了
アラミド繊維シート貼付完了
アラミド繊維シート貼付完了
 ビニロンシート貼付完了
ビニロンシート貼付完了

お問い合わせ