吹付床版下面増厚工法

吹付床版下面増厚工法は、床版や桁などの既設構造物のコンクリート表面に鉄筋等の補修・補強材を配置して、ポリマーセメントモルタルを吹付けることにより、増厚して既設コンクリートと一体化し、耐荷力や耐久性の向上を図る工法である。

(NETIS登録番号:KK-980085-A)

当社はポリマーセメントモルタル吹付けの施工管理を行える吹付け監理技術者、ノズルマンの施工が行える吹付けノズルマンの資格保有者が在籍しております。

吹付床版下面増厚工法の特徴

ポリマーセメントモルタルを吹付けることにより、増厚して既設コンクリートと一体化し、耐荷力や耐久性の向上を図ることができる。

道路橋床版の下面を増厚補強した場合、既設床版と増厚部が一体化し、補修・補強材が引張力を負担するため、既設鉄筋応力、たわみを低減させ、耐荷力の向上を図る。

床版の版機能を回復させ、疲労耐久性も大幅に向上させることが可能である。(輪荷重走行試験により確認)

床版下面増厚工法は、ポリマーセメントモルタルを吹付け施工できるため、従来のコテ塗りによる人力増厚施工と比較して施工性・経済性の改善が可能である。

道路橋床版下面増厚補強の事例

吹付床版下面増厚工法の特徴

道路橋床版下面増厚補強の事例

補強鉄筋設置完了
補強鉄筋設置完了
ポリマーセメントモルタル吹付け状況
ポリマーセメントモルタル吹付け状況
コテ仕上げ状況
コテ仕上げ状況
施工完了
施工完了

お問い合わせ