電気化学的再アルカリ化工法

再アルカリ化工法は、中性化したコンクリート構造物に対して、アルカリ溶液を電気浸透の原理により鉄筋周辺まで浸透させて、鋼材の腐食進行を抑制し、再生化する補修工法です。

コンクリート表面に鉄網と電解質保持材(アルカリ溶液保持材)からなる仮設陽極を設置し、コンクリート内部の鋼材を陰極として、電極間に1A/㎡程度の電流を約2週間通電します。

所定期間通電後はこれら仮設設備をすべて撤去します。

再アルカリ工法

再アルカリ化工法

中性化対策

コンクリート標準示方書 維持管理編(土木学会)

建造物の外観上のグレード 標準的な工法
Ⅰ-1(潜伏期) (予防的に)表面処理
Ⅰ-2(進展期) 表面処理、再アルカリ化
Ⅱ-1(加速期前記) 表面処理、電気防食、再アルカリ化
Ⅱ-2(加速期後期) 表面処理、断面修復、電気防食
Ⅲ(劣化期) 鋼板、FRP接着、外ケーブル、巻立て、増厚

再アルカリ化施工例

電極設置状況
電極設置状況
ファイバー吹付け状況
ファイバー吹付け状況
通電状況(14日間)
通電状況(14日間)
電流管理状況
電流管理状況
再アルカリ化処理前 中性化深さ47mm
再アルカリ化処理前 中性化深さ47mm
再アルカリ化処理後 中性化深さ0mm
再アルカリ化処理後 中性化深さ0mm

※電気化学的再アルカリ化工法は電気化学工業(株)が持つ特許工法です。


お問い合わせ