補修・補強工事ブログ

初詣

新年明けましたが、皆様は初詣に行かれましたか?

コロナ禍ということもあり、今年は参拝しないかと悩みましたが…

本厄の年でもありましたので、何か大きな事があると困るので行って来ました。

参拝に行った神社は宮崎県都城市高崎町にある「東霧島神社(つまきりしまじんしゃ)」です。

主祭神は建国の祖とたたえられ、国造りの神・国家守護・農工商全ての開運・福寿・治病・航海・縁結び・安産など人間生活の守護神、イザナギの尊です。

近年パワースポットとして人気の神社にもなっています。

まず、本殿へ昇る「振り向かずの坂、鬼磐(おにいわ)階段」がお出迎え。

この階段は、その昔、山の麓の村に住む美しい娘を気に入った鬼と恐れられていた豪族が、娘の父親に娘を嫁にくれと申し出たことから始まります。

娘を嫁がせたくない父親は霧島の神様へ相談します。

神様は豪族たちに「一晩で1000個の石使って階段を造りなさい。出来たら願いごとを叶えよう。失敗したらこの地から去りなさい。」と無理難題を突き付けます。

豪族たち「やったるでー」と意気込み、自慢の力でどんどん積み上げていく。

「よっしゃ!あと1個で1000個♪」

神様「やばー‼もうすぐ完成するし、どうしよう…せや‼」

神様「東の空を少しだけ明るくして、鶏も鳴かせて、夜明けがきたように見せよう(`・ω・´)」

と言うことで、無事(?)夜明けを迎えたので娘は豪族と結婚することなく、豪族たちは山奥へ退散して行ったそうな。

今でも鶏を殺してお供えしてはいけないというしきたりがあるそうです。

階段と言うよりも、様々な石が無造作に積まれているので本殿に行くまで軽く登山気分です。

(ブーツやヒールの方もいらっしゃいましたがかなりきつそうでした💦)

また、天台宗・真言宗の僧侶が一心に呪文を唱えながら昇り修行したと言われ、願い事を唱えて振り向かずに昇りきることで願いが叶う「振り向かずの坂」と言われています。

結構な高さになるので、後ろを振り向く勇気はありませんでした(..)

息も絶え絶え、階段を昇りきると本殿があります。

家族の安全を願い、本殿にある和太鼓を3回鳴らし、参拝を済ませました✨

帰りは本殿脇にあるスロープを下ると、もう一つの見所「神石(しんせき)」が現れます。

(カメラマンが下手だったので、全貌がよくわからない写真になってしまいました(´;ω;`))

むかしむかし、天地創造の神、イザナギの尊、イザナミの尊が誕生し、夫婦になったあと地上の生活に必要な神を生み出しました。

そんな中、「火の神(カグツチ)」を生み出したことがきっかけでイザナミの尊が亡くなってしまいます。

イザナギの尊はその死を悲しみ、その時の涙が固まり、この「神石」となりました。

その際、イザナギの尊は腰に付けていた「十握(とっか)の剣」で今後再びこのような災難に世の中の人々が遭わないようにと願いを込めて三段に切ったといわれています。

ちなみに、この神石は某アニメで鬼に家族を殺された主人公が、復讐のための修行中に巨大な石を一刀両断するシーンのモデルになったのでは??と言われています。

そのため、多くの鬼退治ファンが訪れるそうです。

この日も多くの子供連れのファミリーが訪れていました。

 

この東霧島神社は、初めて訪れた時に道中雨が降ってきて神社の鳥居をくぐった瞬間に雨が止む不思議な体験をしました。

知り合いはこれを「清めの雨」と言い、神社など参拝する時に雨が降るのは神様が清めてくれるんだよと教えてくれました。

また、雨が止んだタイミングもぴたりと止んだので、きっと呼ばれたのだろうと…。

正月早々、夢にも出てきたのでまた呼ばれたのかな?

建国記念の日にこの世に生を受けた私が、建国の祖であるイザナギの尊を主祭神とする神社を知り、訪れたのも何か意味があったのかもしれません。

今年一年、健康で楽しく過ごせますようにお願いさせて頂きました。

皆様にとっても良き一年になりますよう、心よりお祈り申し上げます

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
皆様方におかれましては、新春を晴々しい気持ちでお迎えのこととお慶び申し上げます。

旧年中は、格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
2022年も、より一層のご支援を賜りますよう、社員一同心よりお願い申し上げます。

安全パトロール

12月23日、安全パトロールに行って来ました🚗

安全パトロールは自社の安全指導員が現場を回り、書類の確認や事務所・現場の状況確認などを行います。

今回お邪魔した現場は鹿児島市小山田の現場です。

こちらは横断歩道橋の塗装塗替や補修をしています。

現場近くには小学校があり、普段は小学生が通学路として使用していますが、現在歩道橋が使用出来ないため、登校時に作業員さんが近くの横断歩道で誘導されているそうです🏫🏴

 

現場視察の時に、作業員さんが材料の計量をしていました。

近くに行くとシンナーのような刺激臭が…(;゚Д゚)

現場内は防音シートで遮られているのでほぼ密閉に近い環境ですが、防毒マスクの着用や送風機を使用するなど安全対策をしっかりされていました✨

保護服を着ての作業ですが、着用した保護服も脱いだらその都度破棄されるそうです。

また、現場内部に入る出入口には一般の方が入らないようにきちんと施錠をされていました🔏

現場内に入ってしまうと、とても危険なのでこのような対策の積み重ねが大事だと思いました‼

 

そして現場から少し離れたところには現場事務所があります👷

作業員さん達はこの事務所で休憩をしたり、書類作成などといったお仕事をしています。

一番気になった場所がトイレ🚻

事務所には女性の方もいらっしゃいます。

工事現場などで一番困るのはトイレ問題ではないかと私は思いますが、

この事務所では女性にも配慮した工夫がたくさん☆

まず、目に入ったのが男女別の出入り口を明確にするための壁‼

真ん中で仕切られているので、もし入るタイミングが同じでも気まずくならない‼

トイレへ行こうとした時に誰かと鉢合わせになり、

気まずい経験をしたことがある私は感銘を受けました☆

しかも、この壁は作業員さんの手作りみたいです😲

ところどころには棚が作ってあり、そこにはサボテンやらお花やら癒しが🌼

この棚も手作りだそうです🎵

緊張していた私の心もかわいい花々に癒されました☆

トイレの中もきれいに清掃されていて、座るととても落ち着く空間でした✨

だいぶ昔に行った現場事務所は昔気質の男性しか居なかったので、

お花や緑が置いてある気配は全くありませんでした。

同じ現場事務所でも、工夫一つでだいぶイメージが変わりました‼

 

今回の安全パトロールは普段なかなか見ることが出来ない現場を見れて、とてもいい刺激になりました‼

ぜひ、また機会があれば色んな現場に行ってみたいと思います(`・ω・´)

 

最後に…帰りに鹿児島市内から見た桜島を~📷

 

 

 

 

出会いあり、別れあり…

12月22日、当社で作業員さん達と一緒にお仕事を頑張っていた、

インドネシアからの外国人技能実習生1名が帰国しました….🛫

 

厚生労働省によりますと…

外国人技能実習制度は、我が国が先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある発展を図っていくため、

技能、技術又は知識の開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的としております。

と言うことで、左官技能合格や玉掛、草払など資格を取り様々な現場で頑張ってきました。

 

同じ日本でも言葉や文化の違いで戸惑いますが、遠い異国の地に単身で来るのはとても勇気がいることだと思います。

言葉の表現の違いなどで、なかなか思うように伝わらなかったり、理解してもらえなかったりとすれ違うこともありましたが、そういう考え方や捉え方があるのかと、驚かされる毎日でした。

 

21日に営業所へ最後の訪問をしたときに、福地部長より日本国技能実習修了証書の授与を行いました。

こちらが修了証書です☆

中には、証書の他に社長たちの写真も同封してありました🎵

※証書はプライバシー保護のため、加工してあります。

 

帰国してからは、アパレル関係の会社を設立するために頑張るそうです✨

(建設業じゃないんかーいと思わず心の中でツッコミを入れてしまいました(笑))

 

出会いがあれば、別れがある…寂しいですが😢💦

日本で学んだこと、経験したことを活かして、母国インドネシアで頑張ってほしいです。

 

当社にはあと1名、同じインドネシアからの技術実習生が居ます。

コロナの影響で新しい実習生が来れないみたいなので一時は1人ですが、

みんなと仲良く楽しく仕事をしてほしいと願います。

残りの時間を満喫してもらえるようにサポートしたいと思います☆

 

 

宙に浮く足場?!

今日は某高速道路の橋梁補修工事の現場をご紹介します☆

 

白い土台で青の柵がしてあるところが作業員さんたちが普段行き来している足場になります。

まるで宙に浮いてるような足場ですね(;゚Д゚)

実際の現場に行ったら腰を抜かしそうな高さです💦

 

今回は塗膜除去工というお仕事です。

まず、塗膜剥離剤を散布します。

 

塗膜剥離剤を散布した後、剝がしやすくなった塗膜を除去します。

気持ちいいぐらいに剥げますねぇ☆

剥がし終わるとこんな感じです。

 

元の橋げたを見ると橋の歴史を感じますね…。

これで終わりではありません‼

剥がしたところは、また綺麗に塗装していきます☆

また新たに塗装したところは後日のブログにて…お楽しみに~♪

現場のお客様☆

そろそろ終わりに近づいた現場の

クイックデッキ足場上に鳩さんが巣作り(;゚Д゚)

驚かさないように見守っていました。

毎日の癒しです♪

もう少しで巣立ちしそうです!

元気に飛び立て~☆

緑と赤のコントラスト☆

毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

今回は鹿児島市の錫山(すずやま)地区にあります、

「宇都橋」の現場にお邪魔しました♪

 

「宇都橋」は鹿児島市谷山ICから指宿スカイラインに乗り、

谷山ICー錫山IC間にある橋です。

高さもあり、なかなか普段は見えない橋梁と

施工状況を少しだけご紹介します☆

上の写真は高力ボルト取替工の施工中です。

ボルトが大きいですね‼

道具を使ってきちんと締めます。

高力ボルト取替が終了したら…

今度は塗装塗替工です。

細かいところまで仕上げます。

今回の現場の全景はこのようになっています。

木々の緑と橋梁の赤色が映えますねぇ♪

山間に架かる橋なので地面からが高いです。

こんなに高いところでお仕事している作業員さんたちは

いつも危険と隣り合わせです‼

 

現場の近くには錫山(すずやま)展望所があります。

ここは雄大な桜島が一望でき、遠くには霧島の山々が見えます。

(この日は雲が多く、桜島も雲をかぶっていました)

緑がきれいな山々と澄み渡る青空が広がるこれからの季節…

想像しただけでドライブに行きたくなった今日この頃です☆

台風10号 清掃作業出動

9月6日~7日にかけて、大型の台風10号が上陸いたしました。

草木が散って高速道路は通行止めになり、清掃作業を行いました。

伊座敷洞門の補修工事

大隅の錦江町にある伊座敷洞門の補修工事が完了しました。

施工内容は断面修復工でした。

梅雨時期で大変でしたが、無事終わりほっとしています。

 

令和2年度7月豪雨 熊本の被災状況

熊本の補修現場へ行く途中の道です。

豪雨後、半月以上たちますが、1車線確保するのが

やっとの状態です。

今は家屋の取壊し等の仕事が主で護岸工事、道路復旧工事をするため、

測量会社が入っている所です。

橋の半壊、道路遮断箇所等、多数、あります。

ライフラインの早期復旧を願っております。

 

 

令和2年7月豪雨による災害復旧作業

7月3日~7月5日の大雨で九州自動車道 横川IC―溝辺鹿児島空港IC間で

土砂崩壊による災害が発生しました。

仮復旧の状態ですが、安全・迅速に復旧作業を完了致しました。

鹿児島県甑島の現場

鹿児島県薩摩川内市の甑(こしき)列島の中甑島と下甑島を結ぶ藺牟田瀬戸架橋(正式名称 甑大橋)

の部分的な補修工事に行ってきました。

景色も良く、料理もおいしく、良い思い出になりました。

 

 

 

 

 

 

九州南部大雨による災害復旧

7月1日~3日の大雨の影響で高速道路が通行止めになり、昼夜連続で出動致しました。

技能実習生の紹介

インドネシアから技能実習生2名が入社しました。

日本語を覚えながら、毎日一生懸命頑張っています!

 

 

長崎自動車道中尾トンネル開通式

長崎自動車道中尾トンネルのはく落防止対策工を行いました。

開通前のトンネル内を地元住民の方々に見学していただきました。

高速道路上を歩く貴重な体験になったことでしょう。